仕事のイライラはお風呂でストレス解消!おすすめ!癒しのリラックス入浴方法

スポンサーリンク

仕事のイライラ・ストレスはお風呂で解消!仕事の疲れを癒す入浴ポイント3つ

「仕事のストレスで疲れ過ぎて、お風呂に入る気もしない。。」そんな日もありますよねー!
でもお風呂での入浴方法によってはストレスも解消できるんですよー!(^o^
お風呂でストレス・疲れを解消する癒しの入浴方法をご紹介しまーす!

目次

1.ぬるめのお風呂でリラックスモードに。ストレス解消効果を高める!

ぬるめのお湯には副交感神経を刺激し、心身をリラックスさせる効果があります。

副交感神経は「リラックスモード」の神経で、ぬるめのお湯にはその副交感神経を刺激してほっこりリラックスモードにする働きがあるのですね。 お湯の温度目安は39度以下が良いです。

ぬるめのお湯は「グッスリ睡眠」にもおすすめ

ぬるめのお湯は心身ともにリラックスできるので、睡眠が浅いという方は寝むる1時間くらい前にお風呂に入ることで、寝付きも良くなると思いますよ~!

熱めのお湯は活動的な日の朝風呂におすすめ

温度の高いお湯(目安:41度以上)は交感神経といわれる心身を活発化させる神経を刺激してしまうのでご注意を。寝る前に熱いお風呂に入ってしまうと目が冴えて寝付きが悪くなってしまったりします。

逆に今日は「朝からバリバリ頑張るぞー。」というような日は朝風呂でちょっと熱めのお湯が良いでしょう。交感神経が刺激され、目覚めもスッキリします。
※熱いお湯はぬるま湯と比較すると、体にかける負担も高いのであまり長湯しないようにご注意ください。

2.半身浴で体の芯まで温まってストレス解消!

心身ともにリラックスできる入浴方法として下半身だけお湯につかる「半身浴」がおすすめです。

全身浴と比較して、体に水圧による負担がかからずリラックスでき、苦しくないのでゆっくりと長湯ができるので、体の芯まで温まることができます。

さらに半身浴は体を芯から温めることによって新陳代謝も活発になり、汗をたくさんかくことによってもストレス解消リフレッシュができるのです。

水分補給を忘れずに

半身浴では思っている以上に汗が出ます。お風呂から上がった後は水分補給を忘れずにしましょう!

知ってる?お風呂の浮力は体の緊張をほぐす

水中では浮力といわれる体重が軽くなる働きがあります。プールに入ると体が浮くように、湯船でも浮力が働き、体重は通常の10分の1になります。浮力で軽くなった体は、関節を休ませることができ、体全体の緊張がほぐれリラックスすることができるのです。

リハビリテーションの現場などでも、この水中で体全体をときほぐす浮力作用を活用し、体の関節の治療・改善などに用いられています。

3.お風呂のリラックス効果を倍増!癒しの入浴グッズ4つ!

1.入浴剤で、香りを楽しむ

入浴剤の香りの種類はラベンダーが気分を落ち着かせるリラックス効果が高いのでおすすめです。

ラベンダーはアロマテラピーにおいても頻繁に使われる成分で、「万能精油」とも呼ばれ、肌への刺激の穏やかなのでお肌にも安心です。

2.お風呂で好きな音楽を聴く

半身浴ってつい時間を持て余しがちになってしまいます。ずっとお風呂に浸かってるってヒマなんですよね(^^;

そこでスマートフォンなどからの音楽をBluetoothで再生できる防水スピーカーがおすすめです。好きな音楽を聴いてリラックス効果を倍増させましょう!

3.お風呂で好きな本を読書する

これもヒマな時間対策です。読書好きならお風呂で読書すれば半身浴に必要な目安時間もあっという間です。

お風呂での読書にはお風呂用防水ブックカバーがおすすめ。これがあれば本が水に濡れることもなく、お風呂で読書が可能です。

4.お風呂用の枕で楽な姿勢で半身浴を

お風呂で枕?と思われるかもしれませんが、あるんです、お風呂用の枕が(^o^。
バスピローといわれる枕です。お風呂で枕を利用することにより、よりリラックスした姿勢で体への負担もなく楽に半身浴することができるでしょう!

どうです?知られざるお風呂のストレス解消効果。私も今日はラベンダーの入浴剤を買いに行こうと思います。
半身浴にもチャレンジしようかしら。。

スポンサーリンク