グースカ眠ろう!睡眠不足はストレスの原因

スポンサーリンク

体を休めるためには1日7時間は眠ろう

ph_sleep01

寝不足になると判断力が低下し、イライラして怒りっぽくなります。寝不足は生理学的にもストレスをためるダイレクトな要因といわれています。睡眠は身体と脳が休息するための大切な時間です。1日7時間は睡眠を取った方が良いとされています。
季節によっても若干取った方が良い睡眠時間は変わります。
冬場は冷えのストレスで体が緊張しやすいので大目に睡眠時間をとり、夏は比較的体もリラックスしやすいので少々短めでも大丈夫です。

寝るときの姿勢も大切

寝るときの姿勢、寝相は仰向けがおすすめです。

  • 呼吸が楽
  • 姿勢が良い
  • 深呼吸ができる

他にも寝つきがよくなるなど、仰向けのメリットはたくさんあります。基本的に仰向けがおすすめです。 しかし、仰向けは舌が喉に落ちやすくなるので、いびきや人によっては呼吸がつまるというリスクがあるともされており、睡眠時無呼吸症候群の方などは仰向けは良くないとも言われていますので、そういった方は自分の楽な姿勢で眠りましょう。

睡眠前の入浴で質の良い睡眠をとりましょう

温かいお風呂にゆっくりつかると、身も心もリラックスできます。シャワーだけでなく、湯船につかって体を十分にリラックスさせて睡眠をとりましょう。温度はぬるめがおすすめで40度前後の温度にしましょう。熱すぎるお風呂は体を緊張させてしまいますので、注意しましょう。

よりリラックスさせるために香りのあるバスソルトなどを使うのも良いでしょう。
下記の香りなどは緊張やストレスのあるときに効果的とされています。

<緊張やストレスがあるときにリラックス効果がある香り>

  • ラベンダー
  • カモミール
  • オレンジ

睡眠不足はストレスをためてしまう大きな要因です。しっかり質の良い睡眠で睡眠時間をたっぷりとり、快適な朝を迎えましょう!

スポンサーリンク